816遊就館

終戦記念日は、東京の靖国神社へ参拝しましたか?
私は、地元の護国神社へ参拝しました。

護国神社は、基本的に靖国と同様の趣旨の神社であり、各県に最低1つ以上あります。
しかし、東京の靖国にあって、各県にある護国に無いもの・・・これはやはり
遊就館!
皆さん行ったことがありますか?簡単に言えば、戦争の歴史ミュージアムです。

軍事や兵士や当時の時代背景を感じられますし、
戦争について、様々な角度で考える機会を得ることができます。
そして、兵士の家族の心情まで、感じることが出来る施設です。



皆さんには直接見に行ってもらいたいのですが、
ここでは、戦争で息子を亡くした母親が、
奉納した手紙と人形について、ご紹介しておきます。
(是非、遊就館で本物を見ていただきたいと思います)


二十三才の若さで家を出て征く時、
「今度逢う時は靖国神社へ来てください」と、
雄々しく笑って征った貴男だった。 
どんなにきびしい苦しい戦いであっただろうか。
 沖縄の激戦で逝ってしまった貴男。
 年老いたこの母には今も
23才のままの貴男の面影しかありません。
 日本男子と産まれ妻も娶らずに
逝ってしまった貴男を想うと
涙新たに胸がつまります。 
今日ここに、
日本一美しい花嫁の桜子さんを
貴男に捧げます。 
私も84才になりましたので、
元気で居りましたら又逢いに来ますよ。 
どうか、安らかに眠ってください。有りがとう。
多くの遺族から、花嫁人形が奉納されました。
この人形と手紙は遊就館で見ることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿