日本を包囲していた欧米諸国

終戦記念特別期間中のSEC9です


戦争がどのように始まったか。
戦争がどのように始まるのか。
コレを理解しないことには、戦争は繰り返されるのです。

日本が開戦に踏み切った時、
日本は、アメリカ、イギリス、オランダ、中国に包囲されていたのです。

戦後、日本は侵略国家であると糾弾されましたが、
だったらなぜ西洋人がアジアにいたのでしょうか?
なぜ、大戦前の日本は、欧米諸国に包囲されていたのでしょうか?
一体どちらが侵略国家なのでしょうか?
さぁ、この動画を見て、よく考えてみましょう。





またこの動画には、
戦後日本の理解について、重要なポイントが含まれています。
 ①マレー人は単純労働に固定し、
 ②少数派移民の中国人に経済を管理させていた

白人が少数民族を支援
      ↓
少数民族が多数派を支配⇔対立⇔多数派民族の苦役

これは2000年前から続く、植民地支配の基本システムです。
アフリカ・アジアで繰り返される民族紛争は、まさにコレが原因です。
白人がいかに素晴らしく支配していたのか、よく分かる証拠だと思います。


最後に付け加えておきますが、
SEC9は在日朝鮮人の犯罪については、断固として許しませんが、
日本を愛し日本に帰化したいと心から願う善良な在日朝鮮人を大歓迎しております。
是非、SEC9への入隊をオススメいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿